愛犬の死が私のこれからの人生を考えるきっかけになりました。

最近、人生についてよく考えます。人は何の為にこの世に生まれてきたのだろう?なんて哲学的なものの考えかたをしてしまいます。お気楽に過ごしていた私にとって、珍しいぐらいそのことについて考えるようになりました。その一つの理由に、愛犬の死があります。先日16年間飼っていた愛犬が老衰で亡くなってしまったのです。つい数ヶ月前まで元気だったのに、突然弱り出し、そして動けなくなりました。それからは日に日に弱ってきました。そのうち何も食べられなくなり、寝返りもうつことも出来なくなりました。呼吸がしずらいみたいで、苦しそうでした。最後は私の胸で静かに息を引き取りましたが、最後ま必死で生きていました。その様子が私達人間の、老後のように見えたのです。人間もあんなふうに弱っていくんだろうなという気がしました。その時、今までの人生と、これからの人生を考えるようになったのです。私も40代です。もう若いという年齢ではありません。それだけに愛犬の死はこれからの自分の人生の過ごし方を考えるきっかけになりました。